人生の縁側の陽だまりで出会った素晴らしき人や関わった猫。絵画作家 香本博の 日常と制作の狭間での心の樹海


by art-komoto
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

111 猫の手は、このとき借りたくない

e0097512_2225468.jpg

フーが、じっと見ている。
米とぎした水が光っているからか?

飯を炊くとき
私は、目盛や計りを信じない。

先日、馴染みの床屋さんが
自分の娘が米を研いで炊飯器をセットするのを見て
驚いたという。

なぜなら
炊飯する水の分量を
炊飯器の目盛だけでスイッチを押すからだと。

お米は、湿度などの影響される・・
だから新米は、水分を多く含んでいる。

もし米櫃やカップや炊飯器の目盛が無かったら
どうするのだろうか?

私は、飯盒でも鍋でも
フライパンでも 飯は炊ける。

米と水の分量は
いつも 自分の手で測ってきた。
新米は、若干水を減らす。
e0097512_2235337.jpg


フーが その私をじっと見ている

じーーーー

おいおい、

忙しい時に
猫の手も借りたいのは事実だけれど

今はダメ!

お前の手は借りたくないよ。

お前の手で測ったら
とんでもなく硬いご飯になっちまう!

おいおい やってみたいのかい
いいや!
こればっかりは勘弁しちくれい。
[PR]
by art-komoto | 2013-03-13 22:03 | Cat 猫 ネコとの縁 | Comments(0)