人生の縁側の陽だまりで出会った素晴らしき人や関わった猫。絵画作家 香本博の 日常と制作の狭間での心の樹海


by art-komoto
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

食べすぎも食べ無さ過ぎも

e0097512_13294354.jpg

フーが体調崩して3週間以上になるけれど
動物病院で処方していただいた薬を
エサに混ぜたら、よく食べた。
e0097512_1330950.jpg

普段、・・うちの嫁は食べさせてくれんのじゃあ・・と近所の人に話す認知症の老人のごとく
さっき食べたのも認知できないネコのフーだが
今回のように 食べる量が激減して、よろけて歩く姿を見ると
さすがに心配になる。
今まで関わったどの猫よりも、フーは食べることに強く執着している気がする。
誰だって、食べることは好きだし、楽しみだが
フーの場合、さっき食べたのに、または、食べて いびきをかいて寝ているのに・・
私が調理したりとか、ガサガサと言う音を発すると
いつの間にか、忍者のように、音も声も無しで、すぐそばに来ている。
時々 びっくりしたなーもう である。
あんまり食べすぎるので、心配になって
メタボリックスという餌に変更したら、喜んで食べてくれた。
かなり食べるのだが、それでも効果があって、体重も減ってきた。
e0097512_13303453.jpg

生きたまま他のネコと段ボールに入れられて、放り投げられて捨てられたフー
他のネコは凍死した中、私を見つけて生き延びた。
ほとんど鳴かないのも、すぐに餌の場に行くのも
叩かれたり、満足に食べることが許されなかった、以前の仕打ちのトラウマかもしれない
そんな想像をしたりする。
e0097512_13291553.jpg

だから元気でいてくれればいいよ。
今はちょっとやせ過ぎだ。
なあ、フー。
[PR]
by art-komoto | 2014-09-28 13:31 | Cat 猫 ネコとの縁