人生の縁側の陽だまりで出会った素晴らしき人や関わった猫。絵画作家 香本博の 日常と制作の狭間での心の樹海


by art-komoto
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

カテゴリ:Life 日々生き様( 36 )

こら 埋めるの大変なんだよ
そんな声の中、夢中で動く子供
境内にそんなことするんじゃない
砂に書くんじゃない
足で書くんじゃない
勢いだけで書くんじゃない
やたら、【してはならない】ずくめの世の中で
この子には、聞くに値しない雑音・・
e0097512_1184036.jpg

そんな雑音を真っ新に切り捨て、夢中で動かす体
何を書こうとしていたのか?
そんなに深いことではなかっただろうが
これだけは言える。
彼を動かしたものがあったということだ。
[PR]
by art-komoto | 2016-01-04 11:07 | Life 日々生き様
70年前の1945年8月6日8時15分
愚かで残酷無比な原子爆弾が投下された。
同じ人間が人間に対して、米国の人もいた広島に
地獄の炎熱をもたらした。もとはと言えば、
当時の政権の無思慮な参戦のためだった。犠牲者はいつも
政治家や富豪や権力者ではなく、一般の人々だった。
平和のために戦う、家族を守るのだという誤った美意識の説得で
多くのかけがえのない方々の命と障害が抹殺された。
当時の政権を担った者の孫が、再び愚かな道に、一般市民を巻き込もうとしている。
唯一の被爆国が、他国に核・・原発を売り、
顕著な原発被災国が、電力は知恵で足り、他の手段に全力を向けようとせずに
再び原発を動かそうとしている。
誰のものでもない空、誰のものでもない海、誰のものでもない地球
豊かな恵みを横取りして牛耳ろうとしたりで、自然界のバランスを怖し
結局は 大きなつけを払う羽目になるのだろう。
くりかえしてはなりませんと嘯く舌の持ち主が、愚かな道をくりかえしている。
e0097512_8565034.jpg

[PR]
by art-komoto | 2015-08-06 08:56 | Life 日々生き様
e0097512_1641751.jpg

2015年7月6日(月)〜7月12日(日)(11:00~19:00)まで
公開されている写真展に行くことが出来た。
久しぶりに、秩父から鷹の台駅に降りた。
駅前の松明堂書店内のギャラリーで開催されている
大西暢夫写真展 家族の軌跡 —3.11の記憶から を観たいがためだった。
http://kodairar.com/
e0097512_1632368.jpg

e0097512_16211745.jpg

復興が急速に進んでいると、海外にうそぶく報道の中で
被災地は、いまだ、まだまだ時間が止まったままでいる。
一枚いちまいのモノクロ写真は、
311を忘れないための展示というよりは、
そこで起きた・・いや起き続けている日々・・
震災、放射能、汚染された故郷、押しやられた暮らしの
生々しい 今 のメッセージだと感じた。
塩害で踏んでも硬いままの田んぼ
人々ひとりひとりの表情や後姿は
多くのことを雄弁に語っている。
e0097512_1645558.jpg

e0097512_1655725.jpg

家族の軌跡 —3.11の記憶から— お勧めです。

会期:2015年7月6日(月)〜7月12日(日)(11:00~19:00)
会場:松明堂ギャラリー(期間限定オープン)
住所:東京都小平市たかの台44-9B1F(西武国分寺線 鷹の台駅を出てすぐ左、書店の地下1階)
入場料:無料
映画上映会と大西暢夫ギャラリートーク
7月11日[土]17:00−19:00(開場:16:45 申込み順にご案内します。)
7月12日[日]13:00−15:00(開場:12:45 申込み順にご案内します。)
入場料:1,500円(大人)1,000円(高校生・中学生)
予約制〈申込先着順〉
ブックレット『東北沿岸600キロ 震災報告』『3.11の証言』付
http://kodairar.com/?page_id=19
e0097512_165327.jpg


余談だが 私は、311の前に、福島に義兄を訪ねて旅行に行った。
その後、歩いた場所が流されていく報道映像を見ながら
あまりのショックに、しばらく絵が描けなかった。
一生の大事のマイホームと思い出の品、家族・・その多くが
流されていく。
自分は残らないものを作っているにすぎないのか・・そう思って
描けなかった。
[PR]
by art-komoto | 2015-07-10 16:06 | Life 日々生き様
e0097512_5554080.jpg


ジェット気流に乗ることも
自動操縦もないけれど
プロペラ機が好きだ。

e0097512_558337.jpg


ディスプレイを見たり
機内サービスは無いけれど
私は プロペラ機が好きだ。

e0097512_559380.jpg


風を感じて 風に乗り
海や山や、米粒より小さな
アクタのような人間を見て

自然の恩恵と
自分たちが いかに小さな存在かを
感じられるから・・

e0097512_5595399.jpg


ばるん バルン という音
身体と一体に共振する響き・・

君は いつも
僕の後ろに ついてきてくれる。
でも、このままじゃあ
君を抱くことはできない
距離を保っているんだからね

e0097512_644548.jpg


私は プロペラ機が好きだ。
でも、実を言うと
こんな飛行機に乗ったことがないんです。

e0097512_614911.jpg


この お気に入りの グッズの中で
世界に羽ばたいているだけ
なんです。

e0097512_623723.jpg

[PR]
by art-komoto | 2015-06-14 06:02 | Life 日々生き様

なんだか不調

ここ数日、なんだか不調だ。
起きれないとか、うつになっているとかではない
何もしていないわけではない
でも、
何もする気がしないのだ
でも 目の前のことは片づけている。

生きて行くためには
生活していくためには仕方が無いよ

ただ、あれこれしているのだけれども
していない気がするんだ

自分がばらばらに

福笑いみたいに

福どころか凶・・悲なんだけれど

自分が 首や片足や片手を
どこかに置いていきながら
進んでいる気がしてしまうんだよ。

e0097512_14153711.jpg


なんだか不調だ

後藤さんや
湯川さんに起きたこと

メディアや報道が伝えたことの数々
政治の絡みと集団的自衛権気運への思惑

世界で抜きん出て武器製造をしてばらまいているアメリカが
人道上許せないと非難し

ヨルダンと共にあるなどとの軽率な発言を日本がしたこと。

後藤さんが一日10万円支払とも言われる多額な保険に入ってから行ったとか
湯川さんが、自信のブログで、自分の性器を切ってしまった告白とか

知らなくてもいい情報
焦点が濁る情報が飛び込んでくる

殺人をどんな子供でも見られる 見せるなんて
異常以外のなにものでもない。
それを コラージュしてツイートして笑いものにする一部の日本人
サムライはどこへ行ったのか

・・・

なんだか不調だ

灰汁が強く
胸糞の悪い
この残留物は

自分の中で 
いまだ・・ずっと消化しきれないかもしれないな。

ばらばらを
何とか拾い集めて
自分を取り戻さないとな。

あらためて
後藤健二さんと湯川遥菜さんのご冥福をお祈りしたいと思います。

e0097512_14161393.jpg

[PR]
by art-komoto | 2015-02-06 14:20 | Life 日々生き様

握力

e0097512_13421995.jpg

先日、母がころんで背中を打ったと聞いた。
http://d.hatena.ne.jp/artkomoto/20140919#1411088031
訪ねって行って事情を聞くと、手摺を掴もうとしたのだが
握力が無くて、しっかり握れなかったとのことだった。
歳を重ねると、あちこちが弱くなるし痛む。
自分も例外ではない・・無論81の母よりは全然若いが
もうすぐ還暦だ。
♪ 昔60のお爺ちゃん・・という歌さえある(苦笑)
e0097512_13425754.jpg

e0097512_13431651.jpg

絵描きは、意外かもしれないが体力が必要で
握力も必要・・さきほど午前中に 3つのキャンバス張を仕上げたが
これもそうだ。
寄る歳波には勝てないかもだが、だましていこうと思う。
この腕にね・・君はまだ若いんだよーと。
e0097512_13451133.jpg

[PR]
by art-komoto | 2014-09-23 13:44 | Life 日々生き様

タイトを制するのは日常

錦織が勝った。
全米オープンテニスのタイトな試合を制して
錦織圭が勝って、ベスト4に進出した。
今朝起きてから、深夜のwowow録画済を確認しようとしたら
まだ試合が続いていた。
世界ランキング4位のスタニスラス・ワウリンカ(スイス)を3―6、7―5、7―6、6―7、
そしてフルセット最後のシーンだった。彼は 6―4で破ったのだ。

二日前、強いサーブで知られる、ミロス・ラオニッチ(世界ランキング11位・カナダ)に
やはりフルセットで勝っていた。
2試合とも、4時間を超える熱戦だった。
e0097512_2331821.jpg

どっちが勝ってもおかしくない・・勝つとすれば、相手のミスしかないという・・
緊迫した、タイトな試合、
足の負傷した個所のテーピングを巻き直しながら、
彼が流れに乗って自分らしさ・・普段しているようなテニスが出来たのは
他でもない・・その日頃の積み重ねが ものを言ったのだろう。

絵の場合は、私は勝敗は 賞とかなどではないと思っている。
心の内奥の表現であるはずの絵画制作が
他を意識して 競争するなど 本末転倒・・少なくとも私はそう思う。
では、何と闘うのか・・

そう、それは、自分との タイトな自分との 闘いだと
思うのだ。
闘いを制するのは、日常・・
自分が 本当に絵描きなのか
本当に 絵を 人生の中心としているか
ということなのです。

おめでとう。錦織圭さん。
ラオニッチが、勝った錦織を祝福した(ツイッタ―)のも
素晴らしい。

画像から こちらからです。
http://www.huffingtonpost.jp/2014/09/03/kei-nishikori-us-open-best4_n_5762756.html?utm_hp_ref=japan
[PR]
by art-komoto | 2014-09-04 23:01 | Life 日々生き様

空腹

腹が減っては戦ができぬと言うが、
金が無ければ、我慢するしかない。
飽食の時代と言われる一方で、
金が無ければ価値が無いと言われんばかりの、
希薄な社会。
e0097512_1024920.jpg

しかし、腹が減った。
持ち金も無く、我慢しよう。
腹が減ると、人間、不安になるもんだ。
それを体得している。
でも精神は、健全であれ。
お前は、悪いことをしたから貧乏なのでも、
金がなくて当然でもないのだ。
自分を、卑下するな。お前の価値は、相当高いんだぞ。
そのくらいの気骨を見せてみろ。
しかし、腹減ったなあ。
e0097512_10243953.jpg

[PR]
by art-komoto | 2014-05-17 21:12 | Life 日々生き様
e0097512_10304470.jpg

檜(ヒノキ)の香りが好きだった、亡き父
製材所で、かんなで削ったヒノキをもらって
湯船に浮かべていたこともあったな。
我が家の水回りをリフォームする際に
年頭にあったことの一つが、それだった。
e0097512_10312124.jpg

風呂桶は違うが、風呂場はヒノキ材を使った。
良い香りと風情・・
下手な観光宿に泊るより、ずっとくつろぐ。
鏡もネットで探して取り寄せ、自然光も入るように窓も付けてもらった。
風呂桶は強化プラスチック製のものをネットで選んで加工してもらった。
毎日ぬめりを取ったりするのは、大変な手間だし、商売でない限り
水も不経済になるからだ。
e0097512_1032040.jpg

父に一度入ってほしかったな・・
せっかく作ったものだから、大事にしよう。
スノコも手入れして・・なんだか 父の為に掃除しているような
甘酸っぱい錯覚に浸ることがある。
e0097512_10322283.jpg

[PR]
by art-komoto | 2014-05-05 10:32 | Life 日々生き様

憩いが切られる。

e0097512_22244384.jpg

憩いが 切られた。
私の絵に
インスピレーションをくれた樹
飯能駅前の無機質な広がりの中で
唯一 憩いの空気を醸し出していた樹が

根こそぎ無くなっていた。
e0097512_22252739.jpg

ここでくつろいでいた年配の方々を
何度も目にしてきた。
e0097512_22255851.jpg

道路を拡張するために
残そうとの何のためらいもなく
e0097512_22262514.jpg

まったく無にされた 憩いの樹よ。
無念だね・・
今まで 憩いを
私たちに提供してくれて ありがとう。

憩い 個人所蔵

e0097512_22244384.jpg

[PR]
by art-komoto | 2014-04-14 22:27 | Life 日々生き様