人生の縁側の陽だまりで出会った素晴らしき人や関わった猫。絵画作家 香本博の 日常と制作の狭間での心の樹海


by art-komoto
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

<   2008年 01月 ( 2 )   > この月の画像一覧

e0097512_10353968.jpg
香本 博 交響水彩画展

『人肌会帰(ひとはだかいき)』
e0097512_10324781.gif

2008年1/30(水)~2/4(月)
12:00~19:00(最終日は 17:00まで)

会場:表参道ヒルズ ギャラリー同潤会

〒150-0001渋谷区神宮前4-12-10 表参道ヒルズ 
同潤会青山アパート再生棟「同潤館」2階 

tel/fax: 03-5410-0660
mobile: 090-222-99203

http://www.gallerydojunkai.com

人が人と 会うこと
実際に 会いに行き 
肌(顔・表情・しぐさ)を実際に見て感じること
握手や感動の抱擁
これらを 時間のかかるわずらわしさ として
割愛した社会に、今、何が残っているのでしょうか?

安易で平坦な道ばかりを探して・・
コピー、合成、検索、他人のカバー・・
すべてお膳立ての出来たものばかり。
そこに 何の 泡立つ印象が あるでしょうか?

変に スマートになってしまった時代に生きて
約10年近く、不便な田舎の 美しさに囲まれていると
幼少の頃、岡山から墨田区錦糸町に上京した頃の
イメージを含めて描きたくなりました。
都電やトロリーバスが走っていた昭和30年代後半のことです。

若い両親が苦労して育ててくれた ありがたさ
かっぺ かっぺ といじめられ
それでも、父と下町らしい銭湯に行き
帰りに牛乳屋さんへ行き
大きな冷蔵庫から出してくれた 
フルーツ牛乳という珍しい飲み物を飲んだこと。

秩父で フルーツ牛乳色の 広大な空に出会ったとき
いつか このことを絵にしたいと思っていました。
ただこれは、ブームの昭和懐古を意図した絵ではなく
不変の美しさを 自分なりに表現した絵です。

DMの絵は 『銭湯みち満ちフルーツ牛乳』 M30号

今回、表参道ヒルズで個展が開催できることになり
暖めていた これらの印象を中心に展示していきます。
どうか、ご高覧いただきますようにお願いします。

私は、全日(木、金曜を除く)会場におりますので
お気軽に声をかけてください。
事前に お電話してくださっても結構です。
(香本 携帯 090-7733-0668)
[PR]
by art-komoto | 2008-01-12 10:37 | Wark 個展、制作

16 元気の誘(いざな)い

本日、2008年1月1日
皆様、明けましておめでとうございます。

昨年は、本当にいろんなことが起きて
正直、『年を越せるだろうか』とまじめに心配しました。
でも何とか越せて、今 新年が明けました。
昨年、3回の予定の個展が 9回の個展開催となりましたが
今年は どうなるでしょうか。
声をかけていただけるのは 本当にありがたいことです。

今年の予定です
1/30~2/1 表参道ヒルズ ギャラリー同潤会 『人肌会帰』
11月  東京八重洲 T-BOX
12月  埼玉県入間市 アトリエ・ワタナベ

作品は、昨年12/31に仕上げた『元気の誘(いざな)い』
です。
e0097512_14481126.jpg

沖縄県南条市知念で見た光景のイメージです。
圧倒的な、水平線から昇る朝陽のエネルギーと育みを描きました。
パソの画像でアップすると 色やタッチの諧調が
半減しているようで残念です。どうか生の絵を観てください。
今年も、皆様が健康で、実り多きことを心から願っています。

香本博
[PR]
by art-komoto | 2008-01-01 14:53 | Life 日々生き様