人生の縁側の陽だまりで出会った素晴らしき人や関わった猫。絵画作家 香本博の 日常と制作の狭間での心の樹海


by art-komoto
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

<   2011年 03月 ( 3 )   > この月の画像一覧

83 izumi

ただ
締め切りに間に合わせる

のではなく

決まった時間が来たら
描くのではなく

疲れていても
体に鞭打って
描けと自らに命令することではない

そうしたものは
究極のところ

私が考える
絵ではないのだ。

泉のように
湧いて出るもの

それに揺り動かされるもの

感動で前進が満たされるもの

高揚して輝くもの

そうしたもので


自らの静寂の中で

描くもの



それが
私が考える
絵なのです。
[PR]
by art-komoto | 2011-03-31 10:09 | Heart 画家の嘔吐 | Comments(0)

82 何のために

築き上げてきたもの

それは何ですか


ひたすら画布に向かったことですか

毎日描き続けたことですか



歩いていても

話していても

何をしていても

どこかで

絵描きとして見て

どこかで

絵描きとして感じて

どこかで

絵描きとしてアップロードされる

自分がいる。



そして

この55歳になるまで

一番大切なものとして

バージョンアップしてきた

絵という存在。



今回の地震や津波の

本当に悲惨な被害状況を見るにつけ

思ってしまう。


何が残せるのか


自分は

何のために

生きているのか。



きっと私は

これからも描き続けるだろう


画布が奪われたら壁に

壁も奪われたら土に

それも奪われたら

空に



筆も鉛筆も奪われたら

目と想いで描くだろう。
[PR]
by art-komoto | 2011-03-16 12:27 | Life 日々生き様 | Comments(0)
連日14時間前後の労働をして
まだまだ続く
いったいいつまで
こうしたことが続くのか

責任感のためか
生活のためか
立場のためか

生活のために描くような絵
など絵を描く動機づけにはならない

そんなの本当の
絵のプロ
ピュアと違う

あんた、夢物語
非現実
自意識過剰
言いわけ
なに青臭いこと言ってんだよ

言われ続けてきたけれど

時々芯を曲げておいて
まっすぐな線は描けず
絵の進のプロ道が歩めるとは
思えない。

でもどうするんだ

あんたの言う
危機から逃れてはいるけれど

こんなに疲労して

まるで蟹工船の中で
囲われているみたいじゃあないか


でもきっと信じる

終わるということと

始まるということを。
[PR]
by art-komoto | 2011-03-03 12:32 | Life 日々生き様 | Comments(0)