人生の縁側の陽だまりで出会った素晴らしき人や関わった猫。絵画作家 香本博の 日常と制作の狭間での心の樹海


by art-komoto
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

<   2011年 05月 ( 2 )   > この月の画像一覧

88 片付けと整理

母は、私が幼い頃
就寝前の着替えを
枕元にたたんで置くことを教えた。
しばらく実行していたが
50代の今は、脱いだものは
洗濯機へ放り込む。

出稼ぎ仕事・・
(私は、絵を描くこと以外は 絵を描くために
生活費を稼ぐ目的で行う労働は そう呼ぶことに決めている)
をするとき、よく言われることがある。
片付けながら きちっと仕事しますねえ。
整理が出来ますねえ
きっと家の中も きちっと分類できているんでしょうね

言われるたびに赤くなる。



私は
芸術家気取りのせいか、
散らかすのが大の得意なのだ。

毎日毎時のように入り込んでくる
絵の印象
風景の印象
風の感覚
体感したもの

もろもろは整理がつかず
つけてしまうとジュクセイせず

そんなことを気取って
整理すべきことを
ないがしろに
ひとくくりして

自分の足を自らが引っ張る。

今朝少し整理できた・・

脳に伏線を引いてくれた母
出稼ぎ先で 人から感心されるのだから

お前はきっと出来るのだ。
そうだとも
香本くん

自己暗示して

そうだ香本君

やりたまえ
[PR]
by art-komoto | 2011-05-21 16:09 | Life 日々生き様 | Comments(0)

87 死んでしまう

さっき起きた

夜なべをするつもりだった

けど
眠ってしまった

結局
4時頃起きた

自分が描いた
スケッチブック
クロッキーブックを

ぱらぱらと
めくった

これも
これも

作品になっていない

自分が感じ
眼にし
焼き付けられた記憶や印象
波動のようなものは

ここに記録されたのに
火はくすぶったままで

こうして戸棚に入っているままだ

そんなものが
数え切れなくある

自分は
生きて

感じて

絵を描いて

でも
生きれば生きるほど
その量は膨れ上がり

こうして産まれ出ずること無い
膨大な水子を増やし

そのことを悔いる自分が産まれ

日々、思いをうまく画布に吐露できないことで

自らを責める自分がいて

持病で止まぬ痛みと
慢性のふらつき

血がうまく廻っていない感じだ

眠ってしまう自分を

また

自分が責める


こんなことをしていたら

死んでしまう

こんな繰り返しを
していたら

自分はきっと

死んでしまう。



なんとか



なんとかしなくては


よけいなものを

自分が勝手に抱えてしまっている

荷を捨てなくては


そのとき
自分は


絵描きの自分は

どうなっているのだろうか


恐怖だ

恐怖だ
[PR]
by art-komoto | 2011-05-07 06:36 | Heart 画家の嘔吐 | Comments(0)