人生の縁側の陽だまりで出会った素晴らしき人や関わった猫。絵画作家 香本博の 日常と制作の狭間での心の樹海


by art-komoto
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

<   2011年 10月 ( 4 )   > この月の画像一覧

98 風呂の水

e0097512_1232571.jpg

頸椎損傷による
首の痛みがひどい。

朝風呂に浸かって
ほぐそうか

バスタブの水を沸かす

絵のことを考える

台所をする

日常をする

パソコンの作業をする

しんどくて横になる

うつらうつらして
音で気づく

ぼこん
ぼこん

すごい音だ

風呂に湯が沸騰している

水を勢いよく入れる
e0097512_12332388.jpg


絵のことを考える

台所をする

日常をする

パソコンの作業をする

しんどくて横になる

うつらうつらして
音で気づく

ざーざー

風呂は冷たい水であふれている


風呂に入りたい

また風呂をわかす

水になる
e0097512_12335816.jpg


風呂に入りたい

首をほぐして

血を巡らせて

絵を描きたい


風呂に入りたい


今日は
この繰り返しを

4回も
してしまった。
[PR]
by art-komoto | 2011-10-25 12:34 | Life 日々生き様

97 あしぶみ

なぜだか
あしぶみしている自分

あしぶみとは
前にすすめ・・いや・・すすま ないで

でも
足を止めているのは
いやで

ああ
屈折していて
ストレートでない自分がいる

あしぶみは
停滞

あしぶみは
悩み

あしぶみは
溺れ

あしぶみは
囚われ人


放たれよ
もがき人

書を捨てよ 街に出よう の言葉のように

放たれよ
本来の自由人

もっともっと
自由を謳歌せよ

それでなくては
大きな風が吹くような
絵は出来ないぞ
[PR]
by art-komoto | 2011-10-12 06:41 | Heart 画家の嘔吐

96 そーっと開ける玄関

今日から鳥取に個展と準備に行くので
昨日から、フーを
もとまち動物病院に預けていた。


いないのか・・・
いつものように
飛び出ないように
そーーーっと
玄関のドアを開ける自分。

いつもの
あたりまえが
起きないことが
なんだか寂しい。

その分
夫婦二人水入らずなのにね・・

いや。フーは
もう私たちにとって
水以上の存在だね。
[PR]
by art-komoto | 2011-10-12 06:34 | Cat 猫 ネコとの縁
9/30、津山の叔母ちゃんが88歳で急死した。

岡山県津山市で私は幼少時を過ごしたが
今に至るまでずっと叔母ちゃんは私を愛してくれた。

先週の夜も、台風で秩父がニュースに出ると
電話で気にかけてくれ、今月の鳥取の個展も
楽しみにしてくれた。
あまりの元気な声と高らかな笑い声に安心していたが
5回も手術した激痛の中だったようだ。

以前から母に、叔母ちゃんは百合の花が好きなので
百合の花の絵を描いてあげなさいと言われていた。
それ自体はすぐ描けたのだが、
私は佐々木サカヨさんという人柄を入れた自分の感謝のようなものを
取り込んで描きたかった・・でもまとまらないでいた。

30日の午後、昏睡状態の報を受けて、
途中の絵と共に津山へ向かったが、新幹線の中で訃報を聞いた。
絵も身体も間に合わなかった。

安らかな顔で眠っているかのような叔母ちゃんに
間に合わんでごめんな・・と詫びて
津山で一心に仕上げた。
カサブランカより山百合の方が
支えてくれた叔母ちゃんを感じる。

よく遊びに行った川をスケッチし、
そろそろ暮れかかる情景を全体のイメージとして
山百合と成った叔母ちゃんの花粉が水を輝かせ
星を瞬かせるという印象・・・。
橋は向こうまで絶えない心の道として続く。

私が幼稚園の頃
トイレは外で、当然汲み取りだった。
私は、そこの蓋を開けるのが不気味で
なおかつ、そこにしゃがんで用を足すのが
上手くできないことがあった。

以前、そのことを話すと
叔母ちゃんは
『博なあ、出来ないときは 大声で
おばちゃーんと呼びなさい。
おばちゃんがすぐに行って、助けてあげるよ』と言った。
でも、そんな恥ずかしくて汚いことを頼めるわけがないと思っていた。

あるとき、いくら力んでも出なくて
ついにはお腹が痛くなって、降りられなくなって
おばちゃんを、言われたとおりに呼んだら

叔母ちゃんはすぐに駆けつけてくれて
お尻と腰を押さえて
無事用を足せたのである。

本当に汚い話ではあるが
それほどに叔母ちゃんは
私を愛し
いつも笑顔で私を励ましてくれたのだ。

大好きな叔母ちゃん
どうか、安らかに。

『叔母ちゃんは山百合となって』

紙に交響水彩 四つ切サイズ

この絵は、おばちゃんと共に棺に入れて10/3に旅立った。


e0097512_18233835.jpg

[PR]
by art-komoto | 2011-10-09 18:30 | People 人との出会いは宝