人生の縁側の陽だまりで出会った素晴らしき人や関わった猫。絵画作家 香本博の 日常と制作の狭間での心の樹海


by art-komoto
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

<   2016年 05月 ( 2 )   > この月の画像一覧

e0097512_1391559.jpg

古民家かぐやで開催中の【横尾龍彦氏に思いを馳せる展】
21日に開催されたイベント『鎌田東二氏が語る画家・横尾龍彦』に
足を運びました。かぐやは昨年7月に個展【何処へ】、
9月の【月の祭り展】以来のご無沙汰でした。
昨年亡くなられた画家、横尾龍彦さんの足跡や共感された方々の思い、
そして克彦さんからは、息子としての思いなどが吐露されて
しみじみと言葉たちが心に滲みていきました。
e0097512_13163879.jpg

e0097512_1310574.jpg

前半の川崎三木男さんによる、天狗の面を被り
【山・川・海・人・モノノケを殺すな。放射能を撒くな】の覚書を見よ!と
舞うパフォーマンス・・鎌田さんの石笛、竹笛、法螺貝とぶつかり合って圧巻でした。
e0097512_13105984.jpg

後半の[香春さんによるダンス・サルタヒコ]は、棒を落として先の道筋を読み解く姿勢・・
人が失ってしまっている地・水・天・気を感じ取ること。地球の恵みのバランスなど
感じるものがありました。
e0097512_13115267.jpg

e0097512_13123892.jpg

6人の子供さんがありながら安定した副業を辞め
絵だけで生きたいと望み、生活は困窮し、離婚し、それでも精神性の描き続けた画家・横尾龍彦さん。九州から遠路このイベントに駆けつけて、初公開のスケッチも携えて、父親像を語ってくれた
横尾克彦さん、【だけど父を恨んだり は無かったです】と言葉少なに語った中に
すべての思いが凝縮されているように感じました。
e0097512_13131565.jpg

鎌田東二氏は、横尾龍彦氏の最初のコレクターで20枚ほどの作品を収集されているそうですが、
縁を大切にされる方で、【自分で こうするんだなどと決めたことは、なかなか思うように進まないが、あれせい、これせい、必然的にしなくてはならないことで、ピンポン玉に用にあっちに、こっちに行くことで、本来したいことが見えることもある(言葉は私のイメージです)】
というような内容のお話を聞いて、とても共感できました。
とてもエキサイティングな時間を持てて感謝しています。
e0097512_1314032.jpg

[PR]
by art-komoto | 2016-05-22 13:14 | People 人との出会いは宝 | Comments(0)

e0097512_23405390.jpg

埼玉県秩父の矢尾百貨店で16日(月)まで開催中の
木工房ナガリ家 第13回木工展【5年】。
ここで購入した箸置きの奥深さに感動しました。
初めは、作者のかほるさんに、我が家、二人だからばら売りできませんか?と
聞いたりしてしまったが、セットでなくては意味がなかった。

e0097512_23413351.jpg


私が選んだものには、月、鳩、樹、葉、山、魚の箸置きが、
土台となっている鯨に集まるようにできている。
広げて並べてみると、一枚の絵本のように見えるし、月と鳩が接吻も出来る(笑)。
これは単に、手作りの良いアジワイとか、木のぬくもり以上のもの・・
ダニー夫妻(ナガリ家)の、地球と自然、人の暮らし関わり合いに対する優しい視線が感じられる。

e0097512_234215100.jpg


集合させて眺めると、まさにこのことを痛感できる。月と鳩・鳥類住む空・大気や、
酸素を供給してくれるミドリ(樹・葉)、山・大地・土壌、そして水・海・魚・・これらは
切り離して良くすることなどできない。一つ悪くなっているだけ・まだこっちは大丈夫という
ものではなく、すべて繋がってるんだ ということ。

e0097512_23425734.jpg


箸置きで これだけ深いイマジネーションを感じたことなど、かつてない。
素晴らしいです。家具や時計、額やペンダントまで多彩な展示です。
皆さんもぜひご覧ください。https://www.facebook.com/events/1051317948269431/
https://www.facebook.com/木工房-ナガリ家-282930358416091/

e0097512_23434038.jpg


e0097512_23435958.jpg




埼玉県秩父の矢尾百貨店で16日(月)まで開催中の
木工房ナガリ家 第13回木工展【5年】。
ここで購入した箸置きの奥深さに感動しました。
初めは、作者のかほるさんに、我が家、二人だからばら売りできませんか?と
聞いたりしてしまったが、セットでなくては意味がなかった。
私が選んだものには、月、鳩、樹、葉、山、魚の箸置きが、
土台となっている鯨に集まるようにできている。
広げて並べてみると、一枚の絵本のように見えるし、月と鳩が接吻も出来る(笑)。
これは単に、手作りの良いアジワイとか、木のぬくもり以上のもの・・
ダニー夫妻(ナガリ家)の、地球と自然、人の暮らし関わり合いに対する優しい視線が感じられる。
集合させて眺めると、まさにこのことを痛感できる。月と鳩・鳥類住む空・大気や、
酸素を供給してくれるミドリ(樹・葉)、山・大地・土壌、そして水・海・魚・・これらは
切り離して良くすることなどできない。一つ悪くなっているだけ・まだこっちは大丈夫という
ものではなく、すべて繋がってるんだ ということ。
箸置きで これだけ深いイマジネーションを感じたことなど、かつてない。
素晴らしいです。家具や時計、額やペンダントまで多彩な展示です。
皆さんもぜひご覧ください。https://www.facebook.com/events/1051317948269431/
https://www.facebook.com/木工房-ナガリ家-282930358416091/
[PR]
by art-komoto | 2016-05-14 23:44 | People 人との出会いは宝 | Comments(0)