人生の縁側の陽だまりで出会った素晴らしき人や関わった猫。絵画作家 香本博の 日常と制作の狭間での心の樹海


by art-komoto
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
e0097512_1124040.jpg


e0097512_1134926.jpg


e0097512_1141447.jpg


古民家ギャラリーかぐやで昨日から開催されている
【NO NUKE ☆PEACE ART展】in かぐや。http://g-
ー原発とめよう秩父人カレンダー制作協力作家・賛同者によるー
有意義な合同転じに、私も4点の絵画・立体で参加させていただいています。
kaguya.com/
e0097512_1112414.jpg

オープニング、山瀬いどむさんによる【秩父武甲山のおはなし&ライブ】
とても熱のこもった、体感のある演奏と歌と語り・・素晴らしかったです。
e0097512_1144111.jpg

武甲山を神の山とか秩父のシンボルとか呼ぶ裏で、今なお
毎日削られ、絶滅危惧種の野花さえその犠牲になりつつある現状は、
近代日本の歩みの矛盾と歪みとも言えます。
e0097512_115626.jpg

武甲山の一部とも言える【百一田んぼ】復活に情熱を注ぐ中村眞一さん
発せられる言葉は、濁りの無い志(こころざし)の行動基盤の日々のしっかりしたものでした。
むやみに山や林を壊すな、自然界の恩恵に感謝しよう・・
山瀬さんのインディアンフルートの響き・・竹林の影で かぐや姫も聴いていたかもしれませんね。
外に出たら吐く息がちょっと白かったくらい寒かったけれど、
心はあったかくなっていました。
e0097512_1152987.jpg

【NO NUKE ☆PEACE ART展】in かぐや

会期 2016年11月19日(土) ~12月18日(日)の土日の下記9日間
   11月/ 19(土) ,20(日),26(土),27(日)
   12月/  3(土),10(土),11(日),17(土),18(日)

   ※11月23日(水・祝)と12月4日(日)は都合により休館。

会場 古民家ギャラリーかぐや
   埼玉県比企郡滑川町福田1560番地
   http://g-kaguya.com/
[PR]
# by art-komoto | 2016-11-20 11:05 | Wark 個展、制作
e0097512_22464958.jpg


滑河町の古民家ギャラリーかぐやで7月31日まで開催されている
田島昭泉(たじましょうせん)さんの個展【崩壊と創生】に
ようやく行くことができた。

e0097512_22475949.jpg


e0097512_22501115.jpg


e0097512_22503910.jpg


長年制作してきた作品の数々と、氏の精神性・・内奥に脈々と流れている思いや心、
地球への苦しみ悲しみ・希望・メッセージなどが
絵画、版画、立体(被災地、工具、鳥居など)で凝縮・吐露された空間になっていた。
宇宙的な大きな絵・・青い雲とうごめく群れ と 変化し続ける赤い大地?
地球は内部から大小の分裂を繰り返し、やがて・・そんな印象を勝手に受けた私である。
蝶や若葉・・何種類もの時間(スロー、ファスト)が数々交差しているようにも見える。

e0097512_2249122.jpg


e0097512_22521332.jpg


拝見できて良かった。出版したばかりの詩画集「浄化する木」も、田島さん【らしさ】を
感じる。 田島昭泉個展「崩壊と創世」7月の毎土日と祝日のみ開場。11:00~18:00
古民家ギャラリー かぐや :埼玉県比企郡滑川町福田1560
東上線森林公園駅より立正大学行きバスにて3つめの「観音前」下車徒歩10分
(09048304026井上)滑川(都幾川、東松山の方です)

e0097512_2245553.jpg

[PR]
# by art-komoto | 2016-07-25 22:52 | People 人との出会いは宝

e0097512_9461730.jpg

6月1日は、甥っ子の結婚式だった。
たった一人の甥の良さを愛し支えてくれ、人生を共に歩むと決めてくれた女性に
【どこが良いと思ったんですか】と聞くと【優しいところです】と答えた。
豪勢なではなく質素な出発を望んだ叔父ちゃんではあるが、
正装して輝く姿に涙がにじみ、こらえきれなくなった。
克己が赤ちゃんで初めて立てた日、周囲に声を掛けられて笑っていた中で
私の髭ずらで驚愕の顔を見せた・・苦笑してしまった日。
兄貴が心配するほど、よく私のところに遊びに来ていた頃。
膨大な記憶のフィルムが一斉に映し出されたかの如く、私の脳裏と心を
駆け巡っていた。
e0097512_9471145.jpg

当日の朝、亡き父の写真を持参しようと思った。
【克己を一人前にするまでは俺は死ねない】と言いながら、
腎臓病に倒れた彼のお爺ちゃん。母もとても喜んでくれた。
結婚に際し【人が一人のままでいるのは良くない・・男はその父と母を離れてふたりは一体となる】との聖書の引用が教会で語られた・・一体とは無理に相手に合わすことではなく、違うんだという強い認識を持ち、理解しようとすることでもある・・痘痕も靨(あばたもえくぼ)が、やはり痘痕だと思える日にも
相手にしかない、宇宙でただ一人の人を愛したことを忘れずに愛し続けること・・その連続が
本当の結婚というものだから・・
どうぞ、愛恵(よしえ)さん、甥っ子をよろしくお願いします。お二人の幸せを心から望んでいます。
e0097512_9482255.jpg


e0097512_949673.jpg

軽井沢ホテル・ブレストンコート
http://www.blestoncourt.com/
[PR]
# by art-komoto | 2016-06-02 09:49 | People 人との出会いは宝