人生の縁側の陽だまりで出会った素晴らしき人や関わった猫。絵画作家 香本博の 日常と制作の狭間での心の樹海


by art-komoto
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
e0097512_7434718.jpg


昨日、秩父ミューズパークで開催中の雲海写真展を見てきた。
地元の10代の若人が、秩父の空の美しさに感動して撮った写真というところに
興味がわいた。http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160208-00010005-saitama-l11
狭い空間ながら、撮影日時や説明が付与されていて
彼の汗や呼吸(自然と向き合った努力)を偲ばせる。
公園橋だけが風呂の湯気から頭をのぞかせているような写真とか
盆地特有の朝の急激な冷え込みと湿度などによって
濃密な霧、雲海状態が眼前に広がることになる。
しかしシャッターチャンスはなかなか思いどうりには行かないだろう。
e0097512_7442629.jpg

私が津京から秩父に移転して15年以上が経つが、
秩父で一番素晴らしいと思ったのは、独特な空の美しさだった。
北海道、沖縄、長野、群馬、大阪、京都・・どの空とも違う
独特な光の屈折・・重い美しさ
でも地元の人は、あんたが言うような空 見たことねえと言う(苦笑)。
e0097512_744533.jpg

だから、地元に住む10代の大学生(田中健太さん)が
写真コンテストにお題を決められたからではなく、
秩父の雲海に魅了されたから通って写した、この写真たちは
なぜか私には愛おしくさえ思えたのだ。
e0097512_7472244.jpg

「都心から近い雲海スポット 秩父雲海写真展」は
秩父ミューズパーク内 ログハウス(展望台駐車場 p10 そば)で
3月末まで開催中です。ぜひお立ち寄りください。
https://twitter.com/kuraaken
多鳴鍵(たなけん)@『雲海写真展』開催中
https://www.facebook.com/profile.php?id=100010485367861&pnref=lhc.unseen
田中健太
[PR]
# by art-komoto | 2016-02-09 07:47 | People 人との出会いは宝
e0097512_21175392.jpg

私が、田中一彦さんの作品に出合ったのは10年ほど前
ルネこだいらでの展示だったと思う。その存在感に衝撃を受けたのを覚えている。
今回は個展と言うことで、吉祥寺にある
ギャラリー・レストラン ル・ポンにうかがった。
e0097512_21253286.jpg

e0097512_21195873.jpg

e0097512_21204033.jpg

所狭しと飾られた絵画と立体作品の数々。
一つ一つにイマジネーションの広がりを感じる。
様々なお話から啓発も受けて、拝見できて良かった。
皆様もぜひいらしてください。
e0097512_2121175.jpg

e0097512_21213956.jpg

e0097512_2122371.jpg

田中一彦展 LIFESCAPE in DREAM
公開中~1月24日まで。
武蔵野市吉祥寺本町1-20-3
吉祥寺パーキングプラザ地下1階
ギャラリー・レストラン ル・ポン
電話 042-222-6960
http://kichijoji.asuhashi.com/menu.php
作家在廊予定 15,16,20,23日の午後
ホームページはこちら
http://www.zakurosha.co.jp/ 柘榴舎(ざくろしゃ)
e0097512_21223287.jpg

e0097512_2123284.jpg

[PR]
# by art-komoto | 2016-01-15 21:25 | People 人との出会いは宝

ともしび

e0097512_0474643.jpg

高崎から帰ってきた。
たくさんの自分へのインストール・・
それに応えられない自分への歯がゆさ

ともしびが消えないうちに
焼きついた 火傷の皮膚が
まだヒリヒリするうちに

なにかを残しておこう

そこで私を揺さぶったものを

私の頬に
ピンタをくらわしたものを

e0097512_0483487.jpg


落書きみたいでも良い
へたくそでも良い

登山の足場のようなものだ。

ともしびが残ってさえいれば
残り香さえ残っていれば

きっと
先に進める

きっといつか
形になる。



e0097512_049334.jpg

[PR]
# by art-komoto | 2016-01-11 00:49 | Wark 個展、制作