人生の縁側の陽だまりで出会った素晴らしき人や関わった猫。絵画作家 香本博の 日常と制作の狭間での心の樹海


by art-komoto
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

【牧場-ペガサス 日食月食編】山内若菜さん個展

若菜さんの愛情豊かな想いに包まれる展示です。
ぜひ皆様にも体感してほしいと願います。
以下はギャラリー・オフグリッド プレスリリースからの転載です。
福島の牧場を描いた作品です。
牧場を訪れたかのような、
命の内に入ったかのような、
そして、ここから外へ広がっていくような。
e0097512_10534907.jpg
【会期】公開中2018年7月29日(日)~9月24日(月・祝) の 日・月・火・水曜日
【観覧時間】月・火・水曜日10:00~17:00(日・祝日13:00~17:00)
【休廊】木・金・土曜日、8/12~8/15 ( 8/25(土)は13:00~イベント終了まで開廊)
【作家在廊日】7/29、8/25-8/26、9/23-9/24
【観覧料】無料
【会場】ギャラリー・オフグリッド(福島市荒町4-7県庁南再エネビル3F)
    *お車でお越しの方は近隣の駐車場をご利用ください。
【主催】一般財団法人ふくしま自然エネルギー基金
【お問い合わせ】一般財団法人ふくしま自然エネルギー基金(tel:024-525-8155)
        e-mailアドレス contact@fukushimafund.or.jp

ギャラリー・オフグリッドの自主企画展第11弾では、山内若菜さんの作品をご紹介します。
2013年から福島に通いはじめた山内さんは、
東京電力福島第一原子力発電所事故により被曝した福島の牧場で生き続ける命を描くようになりました。
山内さんの作品は、悲しみを、怒りを、そしてこれからの希望を私たちに語りかけ、問いかけています。
ギャラリー・オフグリッドの3つの空間を効果的に用いた展示は、
ここにいる私たちを福島の牧場へと、福島の牧場を通して現れる宇宙へと誘います。
山内さんの作品を通して、あらためて福島から私たちが学ぶべきことを、みなさんと考えたいと思います。

【トークイベント】
山内若菜×岡村幸宣(原爆の図丸木美術館学芸員)
日時:2018年8月25日(土) 18:00?19:00
会場:ギャラリー・オフグリッド
申込:不要/参加費:無
原爆の図丸木美術館学芸員の岡村幸宣さんをゲストにお招きし、
福島を表現することについて山内さんの想いをお聞きします。

【作家プロフィール】
山内若菜 Yamauchi Wakana
1977年神奈川県藤沢市生まれ
2009年からロシアでシベリア抑留の歴史を忘れない文化交流を開始。
      日露友好個展、以後継続。
2013年から福島県に通い、
2016年から福島の母子像や被曝の牧場を描いた展示を各地で開催。
中学校などで芸術鑑賞として展示と講演活動を行う。
2016年  原爆の図 丸木美術館にて「牧場 山内若菜展」を開催。
2017年  ロシア極東美術館にて「牧場展」開催。

【アーティストコメント】
新作「牧場 日食」は、福島から重なり合い、ここから始まるんだという絵です。
「牧場」シリーズのはじまりは、2015年に中和ギャラリーで福島の牧場を描いた作品を発表した時でした。
そして原爆の図丸木美術館で発表し、中学校で発表しました。
岡山の先生、神奈川の先生や美術館や市民運動の方が、エネルギーをこめ心を寄せ合い集ってくれた絵でした。
そのことが大きな原動力になって描いてきました。そしてこれからも描き続けていきたいと思っています。
自分の短い経験からですが、そう思っています。

最初は東日本大震災への反応でした。
大切なもの、尊いものが傷つけられている。何かできないかと自問自答しました。
絵描きとして何かできないかと、想像だけで描いた被曝の牧場展をした事をきっかけに、
仲間に誘われて福島の牧場へ行きました。線量計がふりきれる中、
300頭の牛のいる牧場で話を聞き、これから私は大きな絵を描くのだと思いました。
それから牧場へ通う日々が始まりました。
牧場で馬の変死を見、声のない動物たちの暮らす牧場を、
生まれたままの私の目で見ていくことを生涯のテーマにしたいと描き続け、今は6年目の夏です。

なぜ福島なのか福島の牧場なのか。放射能被害を受け、被曝した牧場だからです。
この世紀の大公害をなかったことにするのではなく、
みんなと一緒に 牧場主、ヒト、動物や植物ととも一緒に、嘘をつかず、一緒に苦しみたい。
試行錯誤、迷う狭間、発表するなかで、絵が変わっていきました。
中学校でも絵を発表するうちに、ペガサスなんて見えないと言われ、反省もしつつ、絵に込めた思いも変わっていきました。
放射能の怖さ。私の心の牧場から、生かされている動物を描き続ける。見えてくる色や地域の素晴らしさ思いや歴史。
無駄な命なんてないという牧場主の思い。命の色と形を表してきました。

月食の日、宇宙そのものになった感覚で牧場をみた日。木がゆれて馬と娘が同化している。
月食で赤く染まった日、今も生き物の目から涙が出ている事を思い「宇宙から牧場をみている」気持ちになりました。
360度パノラマ展のペガサス編は、海に沈むような悲しみの感想が多く、
飛べない鳥のヤンバルクイナを足しました。その部分を加えた時、ぶわっと広がり、地球が雲間から出た。

つながってひろがる。今回の福島のみなさんともつながってひろがっていきたいと希望を持って展示をさせてもらいました。
360度で内包するペガサスのパノラマ展と、月食日食編であるヒトのウマの牧場。

山内若菜 

[PR]
by art-komoto | 2018-08-08 10:54 | People 人との出会いは宝