人生の縁側の陽だまりで出会った素晴らしき人や関わった猫。絵画作家 香本博の 日常と制作の狭間での心の樹海


by art-komoto
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

2010年 01月 03日 ( 1 )

41 精錬された炎のように

火のようでありたい

炎は 赤で描かれることが多いが

精錬された鉄が溶けた

高熱の炎は

純白の 白だ。

なんという白

誰も触れることが出来ず

何の雑音にも干渉されない

燃え尽きる炎


本来のやり方と違う
など

多くの陰口

重くのしかかる
生活上の
数々のもろもろ

手を休めぬ
体の痛み


火のようでありたい

私は
純粋で
真っ白で
近づくことも出来ないほどの

ただ熱く

ひたすら熱く

真っ白以外は何も無い


私は

そうした 炎になりたい。

2010年
少しでも
近づくよう
精進します。
[PR]
by art-komoto | 2010-01-03 08:23 | Life 日々生き様